「ゴルフで肘を痛めてしまってから日常生活にも不便がある」

「テニスをプレイしている時に片手でボールを打ち返せない」

「息子が野球から帰ってきてからずっと肘を気にしてる」

などなど、負傷原因と症状の出方は様々です。

 

上記の例ではスポーツ疾患だけを抽出しておりますが、スポーツなんてまったくやっていないのに!という方でも同様の症状がみられることも多いです。

今回はその痛みの原因と分類、対処法をざっくり書いていきます。

 

京王よみうりランド駅近く、稲城市矢野口、長沼、川崎市麻生区、細山エリアの、F.C.C.よみうりランド鍼灸整骨院では表面化された痛みだけではなく、痛みの原因を探り、根本的な治療を行うことを専門としております!

 

f0115484_11282210-705x561

 

まず、ゴルフ肘・テニス肘とは。

『内側上顆(ないそくじょうか)』や『外側上顆(がいそくじょうか)』という肘関節を構成する骨の名称があるのですが、

この部分にケガをしてしまうこと、傷がついてしまうことで痛みが出る症状のことを指します。

特にゴルフでは『内側上顆』という肘関節の内側の出っ張りの部分でのケガが多いことから『内側上顆炎(ないそくじょうかえん)』と呼ばれます。

炎とは炎症(えんしょう)のことで、ケガをしてしまった時にそこを治そうとする身体の反応のことを指します。

同様に、テニスでは『外側上顆』という肘関節の外側の出っ張りの部分でのケガが多いことから『外側上顆炎(がいそくじょうかえん)』と呼ばれます。

 

もちろん、名称づけられてはいますが、ゴルフで必ず内側の肘に痛みが出るわけでもテニスで必ず外側の肘に痛みが出るわけでもありません。

ゴルフで外側に痛みが出ることもありますし、テニスで内側に痛みが出ることもあります。

要は「腕をどう使っているか?」によってどこに痛みが出るのかが決まるのです。

 

ではなぜ肘の痛み(ゴルフ肘・テニス肘など)が起こるのか?

内側上顆、外側上顆には前腕の筋肉がたくさん付着しています。

内側上顆には主に前腕の手のひら側の筋肉、外側上顆には手の甲側の筋肉がついていますが、

それぞれの筋肉を使いすぎてしまい、そのケアもちゃんと出来ていないと筋肉は縮んで硬くなってしまいます。

 

すると、硬くなって縮んだ筋肉が内側上顆、または外側上顆を強く引っ張ってしまいます!

引っ張られた部分は強く負担がかかり、微細な損傷を起こしてしまいます。

まずこれが肘の痛み(ゴルフ肘・テニス肘など)の始まりです。

 

これを放置してさらに腕を酷使し続けてしまうと微細な損傷が大きい傷になり、日常生活においても「ドアを開けるときも痛い…」や「傘をさして片手で持ってられない…」などの症状が出てきてしまうわけです。

 

当然、前腕部の筋肉だけが原因ではありません。

上腕部の筋肉にも原因がある場合も多いですし、日頃抱えている肩こりや腰痛、姿勢の悪さが肘の痛みを増悪させてしまうケースも多々あります。

 

これらの原因を根っこから解決しないと肘の痛みがずっとついて回ってしまう、というわけです!

 

上記の例以外でも、肘の痛みでお困りの方は京王よみうりランド駅近く、稲城市矢野口、長沼、川崎市麻生区、細山エリアの、F.C.C.よみうりランド鍼灸整骨院に一度ご相談下さい!!

 

F.C.C.よみうりランド鍼灸整骨院情報

F.C.C.よみうりランド鍼灸整骨院ではご予約の方を優先してご案内しております。
混雑する時間帯では治療をお受けできない事や長時間お待ち頂く事もありますので、先ずはお電話でのご予約をお願い致します。

名称 F.C.C.よみうりランド鍼灸整骨院
所在地 〒206-0812 稲城市矢野口2284-1 アメリア稲城2F
電話番号 042-379-6787
休診日 木曜日
受付時間 【全日】10:00~20:00
アクセス方法 【電車】京王線 京王よみうりランド駅より徒歩5分
受付時間
10:00~20:00