オスグット

この様なことで
お困りではありませんか?

  • 10歳代前半成長期である
  • 膝蓋骨の下(脛骨粗面)が痛い
  • ジャンプや屈伸の動作が痛い
  • 階段昇降が痛い
  • 正座ができない

オスグット・シュラッター病とは?

10〜15歳くらいのサッカー、バスケ、バレーなど脚に負担をかけるスポーツをしている子供に多くみられます。特に男児に多いです。
もも前に付いている、大腿四頭筋と言われる筋肉が硬くなり柔軟性がなくなり筋肉が骨についてる部分が引っ張られて炎症がおきて痛みが出てきます。
練習中や練習後に痛みが出て、安静にしているときに痛みはでにくいです。

オスグット・シュラッター
主な原因と放置しておくとどうなるか

大腿四頭筋はジャンプなどの動作で硬くなり痛みの原因で骨の成長と筋肉の柔軟性が追い付かなくて痛みが出てきます。
18歳頃には自然に痛みが消失しますが、痛みを我慢しながら練習を続けると膝をかばってプレーをしてしまうので、股関節や足関節などに余計な負担がかかって他の場所に痛みが出てしまう場合があるので、痛みが出たらすぐに治療を受けるのをおススメします。

オスグット・シュラッター病における
F.C.C.よみうりランド整骨院
具体的な施術方法について

痛みがある場合は炎症が起きているのでまず、炎症を抑えるために痛いところを冷やします。
F.C.C.よみうりランド整骨院ではその根本となる原因を追究し痛みを取るだけでなく再発症しない体作りを目指し治療を行っています。
F.C.C.よみうりランド整骨院では患者様の状態に合わせて様々な治療をしていきます。
■マッサージ
原因の原因である大腿四頭筋を中心にマッサージやストレッチをいれて緩めていきます。
脚だけでなく、腰回りなどの筋肉を緩めて筋肉のバランスを整えていきます。
■鍼
鍼を使って筋肉を奥のほうから緩めていきます。
■矯正
脚の長さで差があると片方の足に負担がかかりやすくなるので矯正で左右のバランスを整えて足にかかる負担を減らしていきます。

F.C.C.よみうりランド整骨院の来院方法について

当院は予約優先制になっております。
まずはお電話で予約状況をご確認ください。
また、当院の公式LINEやGoogleからでもご予約も承っております。